マルーン5おすすめの7曲

 1. 

Misery

Misery

 

 

 2.

Maps

Maps

  • アーティスト: マルーン5
  • 出版社/メーカー: Universal Music International Ltda.
  • 発売日: 2014/06/16
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 3.

Moves Like Jagger (Studio Recording From The Voice Performance) [feat. Christina Aguilera]

Moves Like Jagger (Studio Recording From The Voice Performance) [feat. Christina Aguilera]

 

 

 4.

Lucky Strike

Lucky Strike

 

 

 5.

Sunday Morning

Sunday Morning

 

 

 6.

Payphone [feat. Wiz Khalifa] [Explicit]

Payphone [feat. Wiz Khalifa] [Explicit]

 

 

7.

This Love

This Love

 

 

8.

One More Night

One More Night

 

 

 

ナポレオン・ヒルの悪魔を出し抜け!の感想

 

ナポレオン・ヒルの著作だけれど、ナポレオン・ヒルの奥さんが公表に反対したため、1938年に書かれたにも関わらず2016年まで出版されることがなかったといういわくつきの本。

 

なぜかというと、この本には『悪魔』が登場し、ナポレオン・ヒルと対話するところが描かれているからだ。

 

今読めば、表現のひとつなのかなという発想ももちろんできるけど、本の内容の大半が悪魔とナポレオン・ヒル本人との対話なので、しばらく読み続けていると流石に、この本を書いたときはすこしまともではなかったのかな??という印象を持ってしまうので、奥さんが心配したのも無理はないのかなと思う。

 

内容的には引き寄せの法則に近いものがあって、当時出されていればシークレットなどと同じくらいのベストセラーになったのかもしれないと思う。

 

けれど、宗教や教育を真っ向から批判しているのところなどが、当時であればかなり問題視されたのだろうなという印象を受ける。

 

現代でより幅広い立場の人間を受け入れる体制ができ始めている今のほうが需要がありそうな内容になっている。

 

例えば、”流される習慣”という章では、

宗教指導家たちが対抗勢力を讃えようとするときは、ふつう私の名前を出して子どもたちを怯えさせるが、これはすべて私が彼らにやらせていることなのだ。

と宗教について言及したり、

学校では、教師からさして重要でもない情報を頭に詰め込めと口やかましく言われるので、子供たちは正しく考えたり、教えられたことをきちんと分析する暇もない。

と学校や教育制度を批判したりしている。

 

考えないこと、つまり、流されることが大半の人にとっていいことだと言われている風潮やことがらから逆らうことが、何より大切だというのがこの本のメッセージだった。

 

 

悪魔を出し抜け!

悪魔を出し抜け!

 
思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

 

 

家にポケストップが3つある生活

 

ブームが落ち着いてから、やっとポケモンGOを始めたのですが、なんと家の中にポケストップが常時アクセスできるのが2つ、隅っこに移動すると、3つ目にアクセスできるということを発見してしまいました。

 

100回ポケストップをまわさないともらえない、バックパッカーという称号を1日でゲットしてしまいました。

 

一気にレベルアップできるし、あるのと無いのじゃ大違いですよね…。地域格差とかも色々言われてるけど。

 

私はかなり堕落したやり方でプレイしてしまってるけど、家の外に出ようというモチベーションにもなりそう。

 

近所のマイナーな神社とか、そういうのがポケストップの名前になってるから、存在を知って、近いから行ってみようかなっていう気になるのが、健康的でいいなと。

 

割りとみんなそうだと思うけど、目的地がないと散歩しないタイプの人間にはほんといいとおもう。走ることそれ自体を目的にできる人は尊敬するけど、私はそういうタイプではないので、こういうアプリがどんどんできてほしい。

 

とかいいつつ、まだ行ってないけど、週末、行ってみようかな。