読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症とサイキックは究極の男脳と女脳なのか? 〜サイモンバロンコーエンの著作を読んで〜

EQ 感情的知能

SQ システム思考的知能
 
というものがある。
 
これらの知能はどちらも高い人というのはなかなかおらず、一般的にはトレードオフの関係にあるらしい。
 
たとえば、SQが高い人は数学の問題を解くのが得意だけど、現代文の物語文を読んでも登場人物の心情を察するのが苦手だったりする。
 
その逆も多い。
 
サイモンバロンコーエン先生によると、これらの知能のどちらに比重を置いているかの傾向には男女差が存在するらしい。
 
一般的に、男性がSQが高く、女性がEQが高い。(ただし文化・国による違いあり)つまり、最初の数学が得意というか好きなタイプは男に多い。
 
ただ、これは分布の形の問題であって、最も優れた女性数学者が最も優れた男性数学者に劣るというような主張ではないので、この主張を根拠に、ある個人を指して、「あなたは女性だから、数学者として一流にはなれない」などというのは間違っている。ただ全体的にどうもそういう割合になっているらしい。
 
おそらくは、男性ホルモンにどのくらいさらされたかが鍵になっているらしいけれど、沢山さらされればいいというような単純なメカニズムだとも言えないらしく、いまだによくわかってないらしい。(男性ではテストステロンという男性ホルモンが中程度の群が1番SQが高くなるらしい)
 
この知能が極端に偏った人間というのは探せばいるわけで、それはサイモンバロンコーエン先生によると、究極の男脳は自閉症で、究極の女脳はサイキックか占い師なのではないかと記されている。
 
確かに、自閉症というのは私たちがコミュニケーションと呼んでいるものが苦手だったり、相手の心を読むのが苦手だと言われている。しかし、ある種のシステムの理解には並外れた能力を発揮したりすることが報告されている。たとえば、暦の法則を理解して、何年も先の曜日を言えたりといったもの。
 
一方で、サイキック・占い師といった職についている人たちは、本人を見ただけで、考えていることがわかってしまったりする。普通の人から明らかに逸脱しているから、奇妙な感じがする。
けれど、私たちも表情からその人の考えてることがなんとなくわかったりする。結局誰もが持ってる能力が極端になっているだけなのだろうという考え方らしい。
 
 

 

共感する女脳、システム化する男脳

共感する女脳、システム化する男脳