読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッカ油のアルコールスプレー

買い物レビュー 生活関連 片づけ 日記

 

そろそろ夏も終わりに近づいているけど、この夏活躍したのがハッカ油のスプレーだった。

 

ハッカ油とアルコールを混ぜて専用のスプレー缶に入れるとできる。

 

 

 

 

 

▼アルコールの小分けや消臭剤の小分けに使えるスプレーボトル 

 

 

 

ハッカの匂いはコバエよけにもなるので、キッチンスペースの除菌にも使えるし、直接アルコールを吹き付けることができるので、汚れも取れやすい。

 

諸事情により、いろいろ片付けをする必要があったので、収納ボックスなど、アルコール消毒をする必要があったけど、ウェットティッシュだと大量に使う必要があるので、これもアルコールスプレーとキッチンペーパーで代用したら、ほんのりハッカのいい匂いがのこって、すっきりしていてよかった。

 

 

 

 

 

笑えて感動できるゾンビ映画 ウォーム・ボディーズ

映画

 

最近はめっきり映画を見れていなかったのですが、前々からCMが面白そうなことや口コミが良さそうで、気になっていたコメディ風のゾンビ映画『ウォーム・ボディーズ』を見ました。

 

ゾンビ映画は食傷気味だったのですが、他とはテイストが全く異なっていたし、面白かったです。

 

人間がゾンビを恐れて、離れて暮らしている世界で、ゾンビの生活領域に潜入した女の子にゾンビが一目惚れ。

 

なんとか好かれようと一生懸命になるうちに、人間だった頃を思い出し、体にも変化が現れてくるというもの。

 

主演の男ゾンビがゾンビらしいぎこちなさでなんとかヒロインに自分をアピールしようとするところとか、ゾンビの本能?(人をたべちゃうところとか)を抑えよう、隠そうとするところが笑えて、しかも可愛くみえてきてホッコリしてしまいました。

 

冒頭でヒロインの彼氏の脳みそを食べるという衝撃のシーンもあったのにもかかわらず・・・。

 

人間VSゾンビという今まで見たきた映画の枠組みでは、ひたすら倒される・殺される対象でしかなかったゾンビに共感するというのは考えられなかったけど、ゾンビが愛おしく思えて、応援したくなってしまう変わり種の映画でした。

 

 

ウォーム・ボディーズ [DVD]

ウォーム・ボディーズ [DVD]

 

 

 

 

 ちなみにこの映画はアマゾンプライム会員ならば、別料金無しで見ることができました。

 

 

nernst.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

洋服の収納スペースを減らすためのアイディア

片づけ 生活関連 買い物レビュー

 

洋服はとにかくかさばるので、収納には頭を悩ますことが多い。

簡単にできて、確実にスペースを減らすことができたアイディアをメモしておきたいと思う。

 

 

1.ハンガーを変える

 

ハンガーをおまけでついてくる、プラスチックや金属製のものにしていると思いの外、スペースをとってしまうことがあるけど、起毛のハンガーに変えると、滑り落ちないし、真っ直ぐで薄いので、省スペースになる。

 

金属製のハンガーの場合、洗濯物の形に合わせて何度も使っているうちにゆがんでしまったり、安定感がないので、横幅が意外と必要になってしまったするし、プラスチック製の厚みのあるものを使っているともっとスペースが必要になる。

 

起毛のハンガーだと、洋服が滑り落ちないから洗濯バサミで挟む必要もないから、服が傷まないし、服がずり落ちることに対するストレスや不安がなくなる。

 

また、初期投資として、ハンガー1本100円ほどかかってしまうけれど、無駄な収納スペースに払う家賃代を考えるとそんなに贅沢なアイディアでもないのかなと思っている。

 

 



 

 

 

2.たたむ

 

服はハンガーにかけるよりもたたんだほうが断然収納スペースは少なくて済む。

 

全シーズンの服をハンガーにかけるのが好きな人もいるけれど、私はオフシーズンのものやジーパン・チノパンの類をたたんでボックスに入れるようにしてからスペースに余裕ができて快適になった。

 

下のボックスは、コミック本サイズなので、コミック本の保存用にも使えるけど、飽きて売ってしまい、空いたら服を入れとくのにも使えるので便利に使っている。

 

蓋が意外としっかり閉まるので、ある程度密閉できている様子なので、除湿剤をいれて半年くらい保存するのに使っている。

 

天馬 コミック本いれと庫 (コミック本約26冊収納)

天馬 コミック本いれと庫 (コミック本約26冊収納)